ここまで勉強した実質利回りの計算方法

実質利回りを出していきます。

 

(式)
家賃-諸費用/購入価格+諸費用×100=○○%

 

購入価格は10%程度の諸費用を上乗せします。

 

家賃から引かれる諸費用はしっかりと調べてください。

 

 

下記の3つがありましたよね。

 

管理費(修繕積立金・委託管理費)

 

固定資産税
 
都市計画税

 

上記3つは金額が確定するのできちんと調べられます。

 

以上を踏まえた上でパーセントを計算しなおして再び肢切をしていきます。

 

私の場合(千葉・埼玉・神奈川)を例にすると、表面利回り、実利回りの肢切基準は、表面利回りでは10%以上
これをクリアした物件だけ実質利回りを計算し、この時点で8%以上なければここで諦めます。何故なら、時間の無駄だからです。

 

もちろん、地域によって差異があるので一概には言えませんが、東京の都心だと少し厳しいかも知れません。
あなたの地域の物件を色々と調べてみてください。必ずよい物件が見つかるはずです。

 

因みに、この計算は価格交渉する前の段階です。
実際には、上記の計算に価格交渉を行っていきます。

 

 

交渉の段階で値切ってしまえば当然パーセントはもっと上昇します。

 

あくまでも最初の入り口、間口の段階では上記の計算方法で肢切していくと考えてください。

 

 

次回はROI(アール・オー・アイ)について解説します。