団体信用生命保険ってなに?

団体信用生命保険(以下、団信と略します)とは、

住宅ローン返済中に契約者に万が一(死亡など)のことがあったときに、住宅ローン残高がゼロになる保険のことです。

 

つまり、生命保険会社が住宅ローン残高に相当する保険金を銀行に支払うことによって、債務の返済に充てる仕組みになっているのです。

 

ところで、住宅ローンを組む買主には、団信の加入をほぼ100%勧められます。
一方で、投資用物件(投資用ローン)の場合はあまり勧められることはありません。というか、私の場合、勧められた事例は一度も見たことがありません。
ただ、投資用ローンでも団信への加入例はあるのでこの点は留意してください。つまり、こちらも任意加入ということです。

 

因みに、一般の生命保険(受取額5000万円〜1億円)に加入すると、月々の保険料はかなり高いですよね。毎月数万円掛るのが普通だと思います。

 

ところが、団信を利用すれば、タダで生命保険に加入できます。

不動産の家賃収入を受け取りながら、団信に加入することでオマケで生命保険が付いてくるわけです。
万が一、加入者が死亡した場合には借金がチャラになるわけなので、この点は団信の魅力だと個人的には思っています。

 

参考までに団信のメリット・デメリットについて記しておきます。

 

団信のメリット

契約者が万が一の時、借金の返済義務がなくなります

先述のしたように、契約者が死亡した場合や重大な障害を負った際には、保険会社が契約者やその家族に代わって残債を払う仕組みになっているので、契約者の家族に経済的負担がかかることはありません。

所得税の納税義務がありません

通常の生命保険が満期になった場合で一時金を取得した場合、一時所得として所得を申告する必要が生じます。
この点、団信の場合は所得税の納税義務が発生しません。

 

団信のデメリット

所得税での所得控除が受けられない

団信での保険金受取人は団信の機構が受取人となっています。
つまり住宅ローンの契約者やその家族ではありません。そのため、所得税での所得控除が受けられないことになります。

健康状態によっては入れないこともある

団信も一種の生命保険なので、加入の際には事前の告知が必要になります。
生命保険ほど審査は厳しくありませんが、病気の既往歴や持病によっては団信に入れないこともあります。
この場合の一つの手段として、持病があっても加入がしやすい民間の生命保険に加入する方法があります。

 

次回は「火災保険」「地震保険」について解説します。

 

 



>>元宅建士も納得!不動産投資は会社選びが9割という真実