不動産用語の両手・片手とは?

 不動産業界には昔からの慣行で「両手」「片手」と言われる考え方があります。
この両手、片手とは不動産取引を媒介(両方の間に立って、仲立ちをすること)したときの取引業者の成功報酬の受取り方をいいます。

 

取引当事者の双方から受け取る場合を「両手」一方のみから受け取る場合を「片手」と呼んでいます。
具体的に説明しましょう。

ある不動産を売りたいAさんがいたとします。
その物件を売るために不動産業者に依頼します。
このAさん(オーナー)から直接依頼された不動産業者のことを元付(もとづけ)仲介業者と呼びます。

 

そこで、依頼された不動産業者は販売活動を始めますが、一社だけで広告をばら撒いても限界があります。

 

 

これではなかなかお客さんが見つかりません。

 

こうなった時にその広告を該当地域あるいは地域を拡大してばら撒きます。

 

受け取った不動産業者は広告をコピーしてさらにばら撒いていきます。
この業者のことを客付け仲介業者(不動産売買契約を締結するお客さんを見つけてくる)と呼んでいます。

 

 

この元付仲介業者と客付け仲介業者は同じ不動産業者でも立場が異なります。

 さて、あなたが元付仲介業者のところへ行って不動産を購入しようとした場合、仲介手数料がどのように流れていくか気になるところだと思います。

 

 これを説明すれば、物件の売主は元付仲介業者に仲介手数料3%+6万円+消費税を支払い、同じくあなたも元付仲介業者に支払います。
結果として元付仲介業者は仲介手数料を独り占めするという流れになります。

 

冒頭でも述べましたが、このことを手数料を両方から取るということで「両手」と呼びます。

 

 一方で、ばら撒かれた広告を扱っている客付け仲介業者へ出向いて物件を買おうとした場合、手数料はこの客付け仲介業者に支払います。
この場合、客付け仲介業者が買主を見つけているので「片手」になります。

 

この「両手」「片手」のどちらかの状態にあることによって、実は価格交渉の成功率が大きく変わってきます。

端的に言えば、両手取引になったほうが価格交渉が成功しやすくなるということです。

 

その理由は簡単です。

 

 既述のように元付仲介業者は手数料を独り占めできるからです。
とにかく手数料を2倍取れるので取引に力が入ります。
懸命に売主を説得してくれます。

 

たとえば、買主であるAさんのことを、「Aさんのようないい人は中々見つからないですよ」「ここで300万円安くしちゃいましょうよ」などとその気にさせます。

 

 

結果として安くなる可能性が高まります。

 

その一方で、客付け仲介業者を経由した場合、元付仲介業者はヘソを曲げてしまいます。

 

 

何故なら、手数料が片手しか入ってこないからです。

 

とにかく大幅な価格交渉に応じてしまえば、ただでさえ少ない手数料がさらに減ってしまうので非協力的になることが多いのは至極当然なことでしょう。

価格交渉の成功率が下がらないように、あなた自身が出来るだけ値切りたいのであれば、「両手」取引になるように元付仲介業者を狙ったほうがよいということになります。

 

では、どうしたらお薦めの元付仲介業者を見分けられるのでしょうか。

 

次回はその点について解説していきます。

 

 



>>元宅建士も納得!不動産投資は会社選びが9割という真実