不動産投資で稼ぐための重要テクを公開

不動産投資の大きな魅力のひとつとして、一度よい物件を手に入れることさえできれば、長期的に安定した収入が得られることが挙げられます。
これは知る人ぞ知る、昔からの王道人気投資手法です。

 

ところで、最近ではもともと土地やアパートを持っている「大家さん」でなくても資産形成や定年後の年金づくりとして不動産投資に取り組む人たちが急激に増えてきています。

 

ただ、残念なことに、不動産は決して「買えば儲かる」というものではありません。
たとえば、人から勧められるままに購入した結果、思わぬ落とし穴にはまってしまう人が実に多いのです。

 

その理由

不動産を購入する時は、不動産業者が色々な知識を教えてくれるため、それほど知識がなくても自己資金さえあれば買うことができてしまいます。
ただ、いざ運用を始めてみると「結局、毎月の収支がマイナスになる」「空室が多く、想定した家賃を得られない」「手放したいのになかなか売れない」などなど、想定とは全く違う状態に陥ってしまう危険性があるのです。

 

そこで、まずしっかりと知っておくべきことは、不動産業者は「物件を売るプロ」であって「資産を増やすプロ」ではない、ということです。
そして、不動産には「資産を増やしてくれるプラス物件」「資産を減らすマイナス物件」の2つがあるということを知っておくべきです。

 

あなたが手に入れるべき物件は

「高い収益性、長期的な収益性を望むことができるのに、割安で買える物件」です。

こういった物件は、自らの知識で見極め、自らの手で勝ち取るしかありません。

 

どこかから「そんなうまい話や方法があるのかよ!」と聞こえてきそうですが、
「あるんです!」

 

このサイトを読み込めばそのテクニックが明らかになります。
どうぞご期待ください!

不動産投資は「知る人が得をする」

不動産投資に必要な一つひとつの知識やテクニックは決して難しいものでも何でもありません。

 

例えば有名な収益力指標のひとつである利回りは、「想定年間満室家賃÷物件価格×100」という簡単な計算で求めることができます。

 

ただ、誰もが知っている利回りも、見方を変えると意味合いが180度変わってしまいます。

 

たとえば、

物件情報に書かれている「利回り◯%」という表記をそのまま素直に受け取っていませんか?

 

また、

「この利回りでは検討する価値はなさそうだな」などと安易に判断していませんか?

 

で、ここが重要なんですが利回りは計算するものではなく「自分で作り上げるもの」なんです。

 

利回りの計算式を知ることで満足するのではなく、ちょっと見方を変えるだけで、
「家賃を底上げする」「購入価格を引き下げる」ことができれば、利回りを高められるということがわかるんです。

 

つまり、自らの力で条件に合う、魅力ある物件を作り出すことができるんです。

 

後はその具体的な方法を知るだけ

「価格を下げる」というのは一般的には売り手にとってマイナス要素に感じられますが、実は「価格を下げる」ことが売り手の利益になるような交渉の方法もあります。

 

ここで相手のメリットになることをしっかりと伝えられれば、納得のうえで価格を下げてもらうこともできてしまいます。

 

不動産投資はこのように「知っているか、いないか」によって大きく差が出る投資手法なんです。

 

詳細は当サイト内でガッツリと紹介していきますね!

こんなあなたにお薦めです!

給与以外の収入を得るために不動産投資を始めたい

 

すでに物件を所有しているが、ほとんど利益が出ていない

 

物件を買い進めていきたいが、融資でつまづいている

 

不動産業者に勧められるがままに、投資物件を買ってしまった

 

当サイトでは、物件選び、収支計算、融資、節税、管理、空室対策、リフォームなど、
一歩先を行く不動産投資家になるために必要なスキルを、元不動産のプロである宅建士から分かりやすく学ぶことができます。

サイトマップをご活用ください。
※当サイトは広告収入で運営しています。

 

 

 

 

>>イエベスト不動産投資